女の人

美容整形外科の選び方【福岡にある理想のクリニックで大変身】

施術のダウンタイムを把握

鏡を見る女性

美容整形でよく使われる用語としてダウンタイムというものがあります。ダウンタイムを理解しておくと、より適切な施術方法を見極めることができますので、現在福岡でクリニックを探している方は、この記事でしっかりとその意味を押さえておきましょう。ダウンタイムを簡単に説明すると、いつも通りの生活が出来るようになるまでの期間のことです。美容整形外科で使われる場合、ダウンタイムは細くいくつかの意味に分けることができます。美容クリニックで使われるダウンタイムの意味の一つ目は、施術後の痛みです。福岡の美容整形外科で施術をする場合にも、痛みが施術後どれくらいの期間残るのか必ず聞いておきましょう。痛みのために仕事を休む期間などをあらかじめ考えておくことが大切です。ダウンタイムの二つ目の意味は、美容整形手術後の患部の腫れです。患部が腫れてしまっている状態では、人前に出たくないですよね。特に顔を施術する場合は、施術後に患部が腫れてしまう期間がどれくらいあるのか必ず確認しておきましょう。腫れが引くまでが美容整形なのです。ダウンタイムの三つ目の意味は内出血です。内出血とはどういうことか疑問に思うかもしれません。内出血とは皮膚が引っ張られることにより、その部分に血液が溜まり、青くなってしまうことです。特に脂肪吸引手術などで出やすいといえます。内出血はプチ整形でも出ることがあるので、福岡のクリニックの担当医とよく相談しましょう。ダウンタイムの四つ目の意味は抜糸までの期間になります。簡単なプチ整形など以外の施術では、糸を使う施術方法が非常に多いです。そのため施術後に抜糸が必要で、それまでの期間をダウンタイムというのです。最近は、糸自体が時間の経過と共に溶ける物があります。このような糸を使用する場合は糸が溶けるまでがダウンタイムになります。それぞれのダウンタイムの意味を使い分け、福岡の美容整形外科で適切な施術を選びましょう。